2016.4.15 15:25

英外務省、ネズミ駆除目的にネコの飼育始める 名前は「パーマストン」

英外務省、ネズミ駆除目的にネコの飼育始める 名前は「パーマストン」

ネズミの捕獲を担当することになったネコのパーマストン(英外務省提供・共同)

ネズミの捕獲を担当することになったネコのパーマストン(英外務省提供・共同)【拡大】

 英外務省は建物内のネズミ駆除を目的にネコの飼育を始めた。19世紀に首相を務めた人物にちなんでネコを「パーマストン」と名付け、ネズミ捕獲担当に任命した。

 パーマストンは2歳の雄で、もともとは野良猫。英国ではネコを首相官邸で飼うことが慣例化しており、キャメロン政権下でも雄ネコ「ラリー」を飼育。外務省は「役に立ってくれるだろう」とパーマストンに期待大だ。(共同)