2016.4.7 19:09

佐野瑞樹、ジャニーズJr.卒業宣言「20代後半から役者」

佐野瑞樹、ジャニーズJr.卒業宣言「20代後半から役者」

 ジャニーズ事務所所属の俳優、佐野瑞樹(42)が7日、東京・池袋の東京芸術劇場で行われた主演舞台「懲悪バスターズ」(5月19~22日、同所)の製作発表に出席した。

 佐野は40歳を迎えた2年前に「40代のジャニーズJr.誕生」と話題になったが、「20代後半から役者としてやっていたときにジュニアの肩書はなくなっていたので、僕が一番驚いた」と自ら卒業を宣言。今作では19年ぶりのダンスシーンもあり「やれることは全部出そうと心に決めています」と気合十分だった。

 佐野は2011年から弟の佐野大樹(37)と演劇ユニット、WBBを結成。今作は大樹が作・演出を務めるほか、お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(44)も出演する。