2016.2.29 05:03(3/4ページ)

名門牧場で競走馬2頭射殺か…死体近くに猟銃の空薬莢3個

名門牧場で競走馬2頭射殺か…死体近くに猟銃の空薬莢3個

 現場周辺は競走馬の牧場が多く、「サラブレッド銀座」と呼ばれ、数々の名馬が誕生。元祖アイドルホース、ハイセイコーも近くの武田牧場で生まれている。牧場にシカが侵入することはよくあり、駆除のため猟銃を撃つことがある。しかし猟銃の発砲は日没から日の出までの間は禁止されている。

 近くの牧場関係者は「不審者や馬へのいたずらなどは聞いていない。シカの駆除があるときは役場から連絡があるが、それも最近ない」と話した。誤射なのか、何者かが狙い撃ちしたのか…。サラブレッド銀座通りは不安に包まれている。

★地元猟友会、02年競走馬誤射も「シカと区別つく」

 地元猟友会によると、28日午前中に新ひだか町でシカの一斉駆除が行われたが新冠町は範囲外で、27日は行っていない。関係者は「シカは夜行性だが発砲が禁止されており、地元の人なら夜も牧場に馬がいるかもしれないと分かっている。暗くても馬との区別はつく」と首をひねった。

 過去には新ひだか町で2002年11月、シカ猟中の男性2人が放牧中のサラブレッドを誤射。天皇賞馬・バブルガムフェローの子など3頭が死に、狩猟法違反容疑などで静内署に逮捕されている。

【続きを読む】