2016.2.16 05:03

西田敏行が頸椎亜脱臼で手術へ、自宅ベッドから転落し通院治療中

西田敏行が頸椎亜脱臼で手術へ、自宅ベッドから転落し通院治療中

 俳優、西田敏行(68)が今月1日未明、東京都内の自宅のベッドから就寝中に転落して首を痛め、頸椎亜脱臼と診断されていたことが15日、分かった。通院治療中で、所属事務所は日程の調整がつき次第、手術すると説明している。

 出演中のTBS系連続ドラマ「家族ノカタチ」(日曜後9・0)の撮影には参加しているが、12日に大阪市内で予定していたABCテレビ(テレビ朝日系)のレギュラー番組「探偵!ナイトスクープ」の収録は、長距離移動のため大事をとって欠席した。

 所属事務所によると、西田はもともと首の不調を抱え、2001年には変形した首の骨が頸椎の神経を圧迫し、手足がしびれる「頸椎性脊髄症」の手術を受けている。

(紙面から)