2016.2.15 05:03(3/3ページ)

日曜の夜は死にたがる…元恋人が明かす清原容疑者転落秘話

日曜の夜は死にたがる…元恋人が明かす清原容疑者転落秘話

特集:
転落!清原容疑者逮捕
自伝刊行を受けて「夕刊フジ」のインタビューを受けた際の生島マリカさん。清原容疑者を「応援する気持ちに変わりはない」としていた

自伝刊行を受けて「夕刊フジ」のインタビューを受けた際の生島マリカさん。清原容疑者を「応援する気持ちに変わりはない」としていた【拡大】

 清原容疑者が薬物使用を告白することはなかったが、同年9月にモデルの清原亜希(46)と離婚し、2人の息子と離れた後は情緒不安定ぶりが深刻になったという。

 「子供が生きがいだったので、そういう(薬物使用)疑いというよりは、普通に落ち込んでいた。(子供と面会した)日曜日の夜は寂しさで死にたがり、『魔の日曜日』と呼んでいました」と明かし、清原容疑者から脚の2頭の龍の入れ墨について「2人の息子のつもりで入れた」と説明されたとも話した。胸部の龍の入れ墨は、清原容疑者を意味する父親の龍とみられている。

 生島さんが最後に清原容疑者に会ったのは昨年の10月2日。逮捕の一報に「裏切られたという思いもあった」が、今は「待っているので。普通に帰ってきたらいいんじゃない」と思っているという。

(紙面から)