2016.2.10 05:01

水森かおりポツリ、バレンタインデー「ウキウキする要素はない」

水森かおりポツリ、バレンタインデー「ウキウキする要素はない」

新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区

新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区【拡大】

 ご当地ソングの女王の異名を持つ歌手、水森かおり(42)が9日、東京都内で新曲「越後水原(すいばら)」(3月29日発売)の公開レコーディングを行った。

 白鳥の飛来地、瓢湖がある新潟・阿賀野市水原地区が舞台のため、報道陣からタレント、志村けん(65)が「白鳥の湖」のコントで着用するバレリーナの衣装を引き合いに出すと、「(衣装を)つけて歌いましょうか!」とノリノリ。

 だが、14日のバレンタインデーの話題になると「オフですが、どこにも行く予定はないし、ウキウキする要素はありません」とポツリ。「スタッフさんにチョコを作っては?」の提案には、「14日は寝てていいですか?」と笑わせた。

(紙面から)

  • 新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区
  • 新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区
  • 新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区
  • 新曲「越後水原」の公開レコーディングを行った水森かおり=東京・文京区