2016.2.1 18:53

演歌の大御所がベッキー擁護「かわい子ちゃんで良い子なのに、あまりにもかわいそう」

演歌の大御所がベッキー擁護「かわい子ちゃんで良い子なのに、あまりにもかわいそう」

特集:
ベッキー
「第52回 平成27年度日本クラウンヒット賞」の贈呈式に出席した左から三山ひろし、北島三郎、吉澤嘉代子=東京・霞が関

「第52回 平成27年度日本クラウンヒット賞」の贈呈式に出席した左から三山ひろし、北島三郎、吉澤嘉代子=東京・霞が関【拡大】

 歌手、北島三郎(79)が1日、東京都内で行われた所属レコード会社主催の「第52回 平成27年度日本クラウンヒット賞」の贈呈式に出席した。

 北島は「涙の花舞台」でシングルヒット賞を受賞するなど計3部門で受賞し、「この道(歌の世界)を歩いていると賞は励みになる。もう少し『歩け』ということなのかな」と“歌の道”を追求する覚悟を表明した。

 報道陣からは人気バンド、ゲスの極み乙女。川谷絵音(えのん、27)との不倫疑惑で、レギュラー番組の出演自粛を決めたベッキー(31)について聞かれると「かわい子ちゃんで良い子なのに、あまりにもかわいそう」と同情。ベッキーとは面識はないが、「俺がどうこういう筋合いはないけど、あまりにも(報道で)書かれ過ぎている」と分析していた。

 2013年を最後に卒業したNHK紅白歌合戦については「来年(紅白が)あるかどうかわからないけど…」とした上で、「素晴らしいアーティストのためにも形を変えた方がよい」と提案した。

 この日は昨年、紅白初出場を果たし、「お岩木山」でゴールドヒット賞を受賞した三山ひろし(35)、「箒星図鑑」でアルバムヒット賞を受賞した吉澤嘉代子(25)らが出席した。