2015.12.8 05:05(2/3ページ)

ハセキョー、女テロリスト指導者で新境地!“火村”斎藤工と対決へ

ハセキョー、女テロリスト指導者で新境地!“火村”斎藤工と対決へ

劇中衣装に身を包み、ミステリアスな表情を浮かべる長谷川京子。ドラマでは新たな顔を見せてくれそうだ

劇中衣装に身を包み、ミステリアスな表情を浮かべる長谷川京子。ドラマでは新たな顔を見せてくれそうだ【拡大】

 トップモデルから女優に転身し、常に女性の憧れの存在であるハセキョーが、テロリストのカリスマになる。

 ドラマは、ミステリー作家、有栖川有栖さん(56)の代表作“火村英生シリーズ”が原作。殺人現場に快楽を求めるワケありな犯罪学者・火村(斎藤工)と、推理小説家・アリス(窪田正孝、27)が手を組み、難事件を鮮やかに解く物語で、日テレ連ドラ初出演となる長谷川は過激派集団「シャングリラ十字軍」の指導者・諸星沙奈江を演じる。

 96年にモデルとして芸能界入りし、2000年にフジテレビ系「らぶ・ちゃっと」で女優デビューした長谷川は、08年にポルノグラフィティのギター、新藤晴一(41)と結婚し、現在は2児のママ女優として活躍中。今年4月期のTBS系「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」では、冷酷ないじめを行うベテランママを好演した。

 今回は、自らは手を下さず構成員の心を巧みに操り、世間を騒がせる指導者という役どころ。制作側は「圧倒的な存在感と、神秘的な母性を感じさせる女性を登場させたかったので、まさにイメージ通りだった」と起用理由を説明する。

【続きを読む】