2015.11.30 05:01

秋篠宮さま、50歳のお誕生日 先の大戦「記憶に残すこと必要」

秋篠宮さま、50歳のお誕生日 先の大戦「記憶に残すこと必要」

ブラジル・アマゾン地域の地図を見ながら談笑される秋篠宮ご一家=15日、東京・元赤坂の秋篠宮邸(宮内庁提供)

ブラジル・アマゾン地域の地図を見ながら談笑される秋篠宮ご一家=15日、東京・元赤坂の秋篠宮邸(宮内庁提供)【拡大】

 秋篠宮さまは30日、50歳のお誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の宮邸で秋篠宮妃紀子さまとともに記者会見に臨み、50歳の節目を迎えたことについて「ちょっと年を取った感じがあります」と述べられた。

 戦後70年にあたり、宮内庁は玉音放送の原盤や皇居内の御文庫付属室の写真を公開。秋篠宮さまは天皇、皇后両陛下、皇太子さまとともに玉音放送の原盤を試聴し、お一人で御文庫付属室の内部を見学された。

 会見では「昭和の歴史を知る一つの機会」と評価した上で、「昭和天皇がどのような気持ちでマイクの前に立たれ、若しくは終戦を決める時にどのような気持ちで話をしたのか、そのことに思いをはせていました」と感想を話された。

 8月に次女の佳子さま、長男の悠仁さまを連れて戦後70年関連の企画展やイベントに足を運んでおり、先の大戦については「記憶に残しておくことが必要」と強調された。長女の眞子さまと佳子さまが「戦争のことについて知る努力をしていかなければ」と話されていることも明かされた。

 佳子さまについては「少なくとも父親が学生だった時よりかなり真面目な学生生活を送っている」と笑いを誘われたが、注目のされ方については「メディア等に掲載される機会が多いということをそのまま私としては受け止めております」とだけ述べられた。

(紙面から)