2015.11.25 12:11

元箱根駅伝ランナーが路上で女性に抱き付く 強制わいせつで逮捕

元箱根駅伝ランナーが路上で女性に抱き付く 強制わいせつで逮捕

特集:
わいせつ事件簿

 東京都内の路上で女性に抱き付くなどしたとして、警視庁捜査1課は25日、強制わいせつの疑いで、東京都品川区南品川、東京国税局横浜中税務署職員福山真魚容疑者(27)を再逮捕した。

 捜査1課によると、現場周辺では5月ごろから、女性が体を触られる強制わいせつ事件や空き巣事件が数件あり、関連を調べる。

 逮捕容疑は10月14日午後11時50分ごろ、品川区内の路上で、帰宅途中の都内に住む30代の女性に後ろから抱き付いて胸などを触った疑い。容疑を認めている。

 福山容疑者は今月14日、品川区内のマンションに窓ガラスを割って侵入したとして、住居侵入と器物損壊の疑いで逮捕されていた。

 福山容疑者は上武大学に在学中、箱根駅伝に出場経験がある。

 東京国税局の中戸川誠国税広報広聴室長は「公務に対する信頼を著しく損なうものであり誠に遺憾。事実関係を確認し厳正に対処する」とコメントした。(共同)