2015.11.15 05:02

大人の吉田栄作、11年ぶりラブストーリー「40代の恋愛感情を」

大人の吉田栄作、11年ぶりラブストーリー「40代の恋愛感情を」

「一方通行ではなく相手の『間』を大切にすることが大人の愛」と自身の恋愛観も熱く語った吉田栄作=名古屋市内

「一方通行ではなく相手の『間』を大切にすることが大人の愛」と自身の恋愛観も熱く語った吉田栄作=名古屋市内【拡大】

 俳優、吉田栄作(46)が来年1月12日スタートのNHK連続ドラマ「愛おしくて」(火曜後10・0、全8回)に出演、11年ぶりにラブストーリーに挑む。

 主演の田中麗奈(35)演じる染物師が師匠(秋吉久美子、61)の恋人(吉田)に心ひかれていく物語。吉田にとって2005年の同局「ダイヤモンドの恋」以来のラブストーリーで、秋吉との妖艶なラブシーンも。サンケイスポーツの取材に応じた吉田は「心の深い部分でつながって、その気持ちを温める…若いころとは違う、40代の恋愛感情を表現したい」と、1990年代のトレンディドラマを牽引した熱血男が大人の男の色気を放つ。

 今作は名古屋放送局の制作。同地のパロマ瑞穂ラグビー場でこの日、五郎丸歩(29)所属のヤマハ発動機がトップリーグ初戦で快勝した。吉田は初主演映画「代打教師 秋葉、真剣です!」(91年)でラグビー部のコーチ役を演じており、「W杯の日本代表からは大きな勇気をもらった。50代、60代の恋愛ドラマが増えるよう、俺もこのドラマで歴史を変えたい!」。熱い思いは若いころと変わらない。

(紙面から)

  • 「一方通行ではなく相手の『間』を大切にすることが大人の愛」と自身の恋愛観も熱く語った吉田栄作=名古屋市内
  • 五郎丸歩