2015.11.4 16:16

芥川賞作品を聴く、羽田圭介氏「視力の衰えた人や多忙な人に」

芥川賞作品を聴く、羽田圭介氏「視力の衰えた人や多忙な人に」

作家、羽田圭介氏が自著「スクラップ・アンド・ビルド」のオーディオブック版配信の決定で会見=東京・千代田区

作家、羽田圭介氏が自著「スクラップ・アンド・ビルド」のオーディオブック版配信の決定で会見=東京・千代田区【拡大】

 第153回芥川賞を同時受賞した「火花」と「スクラップ・アンド・ビルド」が11日から、本を聴いて楽しむオーディオブック配信サービス「FeBe(フィービー)」で配信されることになり、「スクラップ・-」の著者で作家、羽田(はだ)圭介氏(30)が4日、東京都内で会見した。

 両作品とも原作をノーカットで収録。「火花」の読み手は俳優、堤真一(51)で、著者のお笑いコンビ、ピース・又吉直樹(35)の所属する吉本興業が制作した。その朗読はCDとしても11日に発売が決まっており、同じものが今回、配信もされることになる。

 一方、「スクラップ・-」は「FeBe」を運営するオトバンクの制作で、読み手は江口拓也(28)ら複数の声優が担当。このため、音声によるドラマのような印象で、羽田さんは「視力の衰えた人や多忙でなかなか本を読めない人などにも楽しんでもらえれば」と話していた。

 両作の配信はいずれも1296円で、「火花」は3時間30分、「スクラップ・-」は4時間30分。