2015.11.4 05:03(2/3ページ)

「牡丹と薔薇」が昼ドラで再び!第2次ボタバラブームやってくるか

「牡丹と薔薇」が昼ドラで再び!第2次ボタバラブームやってくるか

特集:
ヨウスルニ!
新昼ドラ「新・牡丹と薔薇」(左から)黛英里佳(小日向ぼたん役)、逢沢りな(小日向美輪子役)

新昼ドラ「新・牡丹と薔薇」(左から)黛英里佳(小日向ぼたん役)、逢沢りな(小日向美輪子役)【拡大】

 昼ドラ史に残る傑作、ボタバラが新装開店だ。

 04年放送の「牡丹と薔薇」は大河内と小沢演じる別々に育った実の姉妹が出会い、数奇な運命に翻弄されるさまを描いた愛憎劇。最高視聴率13・8%(04年3月24日、関東地区、ビデオリサーチ調べ)という昼番組では異例の高視聴率を記録し、終了後はSP版が放送され、同作のパチンコ台が登場するなど、空前のブームになった。

 待望の新作となる「新・牡丹と薔薇」も前作と同じ制作陣が手掛け、異母姉妹がある事件に巻き込まれ、数奇な運命に翻弄されていく物語だ。

 日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」で転勤を繰り返す夫婦を描く人気コーナーの妻、はるみ役で知られる黛が姉のぼたんを演じ、連ドラ初主演。妹の美輪子役は、08年にテレビ朝日系「炎神戦隊ゴーオンジャー」でデビューし、モデルとしても活動する逢沢。大河内と小沢は前作の出演を機にブレークしており、先輩たちに続けと黛と逢沢も名作に新風を吹かせる。

 前作は小沢演じる妹が大河内扮する姉を執拗にいじめる場面が話題をさらい、「役立たずのブタよ!」などの衝撃的なセリフが登場。姉と夫が浮気をした腹いせに妹が牛革財布を焼いた“ステーキ”を食卓に出すという仰天のシーンがあり、制作側は今回も、あっと驚くような“名物”の演出を用意するという。

【続きを読む】

  • 04年の「牡丹と薔薇」で熱演する大河内奈々子(右)と小沢真珠
  • 逢沢りな(小日向美輪子役)
  • 美山加恋(西山眞澄役)
  • 黛英里佳&逢沢りなプロフィル
  • 伊藤かずえ(小日向眞澄役)
  • 黛英里佳(小日向ぼたん役)
  • 田中美奈子(牧原世奈子役)
  • 岡田浩暉(小日向崑一役)