2015.10.1 12:48

元チェッカーズの武内享、息子2人が大麻で逮捕「整理がつかない」

元チェッカーズの武内享、息子2人が大麻で逮捕「整理がつかない」

元チェッカーズのリーダー、武内享

元チェッカーズのリーダー、武内享【拡大】

 元チェッカーズのリーダーで、ミュージシャンの武内享(53)が9月30日深夜に自身のブログを更新し、息子2人が大麻取締法違反容疑で逮捕されたことを明かした。武内は「こんな事になってしまい、正直、今現在もまだ気持ちの整理がつきません。今はただ、父親としての責任を強く強く感じています」とコメントしている。

 警視庁によると長男の健太容疑者(21)が弟に大麻を渡したとして大麻取締法違反(譲り渡し)容疑で逮捕。高校3年の弟(18)は同じ私立高校に通っていた男子生徒(17)に譲り受けた大麻を販売したほか、武内容疑者と弟は大麻の使用についても認めているという。

 武内は息子2人に「いい事も悪い事も全て自分に帰ってくる」「自己保身のウソはつくな」「自分自身が変わらないと何も変わらない」と言ってきたと悔いると、「父親として、ここまでいい形に二人を導いていけなかったのは猛省してます。息子達には、どれだけ回りに迷惑をかけたのかを理解して、そして反省して、キッチリと罪を償い再出発してほしいと願っています」とつづった。

 続けて自らの活動についても言及。「関係者、仲間達、そして応援してくれるみんなにも迷惑をかける事になるので『全て辞めてしまおうか』とも頭をよぎりました」と明かし、「本気で二人を更生させていくためには、オレが潰れる訳にはいきません。ここからの道は厳しいものになると思いますが、二人をちゃんと迎え入れられる状況を作り、そして、二人と向かい合って再スタートをするために、オレはこのまま頑張って行こうと思ってます」と父親としての決意を語った。