2015.9.20 05:06(2/3ページ)

黒木奈々さん32歳、胃がん再発で早すぎる死…前向きに闘病も

黒木奈々さん32歳、胃がん再発で早すぎる死…前向きに闘病も

キャスター復帰を支えに、前向きに闘病していた黒木奈々さん。32歳の若さで天国に旅立ってしまった

キャスター復帰を支えに、前向きに闘病していた黒木奈々さん。32歳の若さで天国に旅立ってしまった【拡大】

 英語と仏語が堪能な国際派で、天職のキャスターへの復帰を願い続けた黒木さんが力尽きた。

 所属事務所によると、胃がんの通院治療を受けながら、3月30日からNHK BS1「国際報道2015」(月~金曜後10・0)の月曜キャスターに復帰していた黒木さんは、7月13日の同番組終了後、体調不良を訴えて東京都内の病院へ。診断の結果、がんの転移が発覚。その後入院し、今月から都内の自宅に戻って治療に専念していたが、容体が急変した。最期は両親に看取られて息を引き取ったという。

 毎日放送の報道記者を経て、07年の退社後フリーに転身した黒木さんは、昨年3月に同「国際報道2014」のキャスターに就任。才色兼備な知性派として国際情勢を分かりやすく伝えてきたが、同7月末、黒木さんを突然の大病が襲った。

 腹痛のため病院で検査した結果、翌8月に胃がんと診断され、9月に手術で胃を全摘出。その後、都内の病院や鹿児島の実家などで抗がん剤治療に専念してきた。

 仕事復帰への執念と強靱な精神力で、今年1月4日放送のNHK「国際報道2015」に1日限定で復活。3月30日からBS1「国際報道2015」に復帰した。

【続きを読む】