2015.9.14 15:30

竹内力が父の死を明かす

竹内力が父の死を明かす

飲み仲間の山本譲二(左)と握手する竹内力

飲み仲間の山本譲二(左)と握手する竹内力【拡大】

 俳優、竹内力(51)が14日、亡き友をしのんで作詞した新曲「桜のように」(16日発売)の発表会を開いた際、父の大工、守人(もりと)さんが8月12日に死去したことを明かした。83歳だった。

 故郷・大分県で永眠した守人さん。竹内は仕事で最期を看取ることができなかったという。「おやじは脳梗塞を3回やって、死ぬ半年前から意識がなかった。最終的な死因は心不全だったんでしょう」としんみり語った。

 家族葬には母やきょうだいと参列できた竹内。「遺影は兄と妹が選んでくれたんだけど、おやじは釣りが好きだったので荒波をバックにしたものだったんです。それが実は、(自分の出演している)新曲のMV(ミュージックビデオ)の映像にそっくり。びっくりしました」と感慨深そう。そのため、新曲の発売前だが、家族葬ではMVを流して父を弔ったという。

 新曲「桜のように」は5年前に末期の肺がんで死去した親友の俳優、安藤麗二(本名・山口剛)さん(享年45)をしのんで作詞し、10数年来の飲み仲間で歌手、山本譲二(65)がプロデュース。山本の親友で歌手、吉幾三(62)が作曲した。

 この歌で本格的に演歌歌手としてもデビューする竹内。「肺がんになった安藤から生前、『たばこをやめてください』と言われてから、たばこはきっぱりやめた。この歌が天国にいる安藤に届いてほしいし、大事な人を持つすべての人の心にも届いてほしい」と話していた。

  • 亡き友をしのぶ新曲で本格演歌に挑戦する竹内力(右)。プロデューサーを務めた山本譲二と会見した際、父の死も告白した=東京・港区港南の品川・J-SQUARE