2015.8.31 05:06(2/3ページ)

福山雅治、故郷・長崎に恩返し熱唱!6年ぶり「帰ってきたばい」

福山雅治、故郷・長崎に恩返し熱唱!6年ぶり「帰ってきたばい」

特集:
ヨウスルニ!
地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治

地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治【拡大】

 セミの声が鳴り響く野外ステージに、おかえりコールがこだました。

 稲佐山ライブは2000年、09年に続き6年ぶり3度目。福山はのっけからヒット曲「HELLO」「虹」でたたみかけ、パワー全開だ。

 故郷には特別な思いがある。高卒後、地元で5カ月間の会社員生活も送るも、歌手の夢を諦めきれず上京したのが18歳。成功するまで帰らないと誓った福山は東京で夢を実現させ、1993年に長崎市公会堂でライブを開催。08年には長崎ふるさと大使に任命された。

 「この町には何もない」。そんな思いで長崎を離れた自分を、ずっと支えてくれた地元ファンに恩返しがしたい-。そう願い、5年かけて完成させたのが、原爆に耐えて生き抜き長崎市復興のシンボルになった山王神社の「被爆クスノキ」を歌った「クスノキ」だ。

 昨年発表した同曲を故郷で初披露。長崎市の軍艦島などが7月に世界文化遺産に登録されたことを喜びながら、「このクスノキも、いつの日か世界文化遺産になるかも」と期待した。

【続きを読む】

  • 1万5000人を超えるファンが「おかえり~」と歓迎=長崎・稲佐山公園野外ステージ
  • 地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治
  • 地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治
  • 地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治
  • 地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治
  • 地元・長崎県の稲佐山で6年ぶりの凱旋ライブを行った福山雅治
  • 山王神社にある被曝クスノキ
  • 稲佐山ライブで披露された長崎関連の楽曲