2015.8.11 05:03

【朝の女神たち】“小麦色キャスター”岡副麻希アナ、目標は松岡修造

【朝の女神たち】

“小麦色キャスター”岡副麻希アナ、目標は松岡修造

小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)

小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 “小麦色のお天気キャスター”で人気の岡副(おかぞえ)麻希(23)。昨秋に早大生フリーアナとして「めざましテレビ アクア」(月~金曜前4・0)の月~水曜のお天気担当でデビューし、社会人になった今春から「めざましどようび」(土曜前6・0)がレギュラーに加わった。

 先月末に鹿児島・与論島でロケを行い、こんがり日焼け。「学生時代に遠泳をしていたし、通学しているだけでもすぐ日焼けしちゃう(笑)。与論島では海で魚と一緒に泳いだり、本当に楽しかった!」と瞳を輝かせる。

 フリーアナといえば清楚な印象も強いが、「私のカラーは親しみやすさ。近所の女の子みたいな気持ちで見てもらえれば」と元気に笑う。

 2012年に足ひれを装着する水泳競技「フィンスイミング日本選手権」の女子1500メートルビーフィンで優勝したスポーツウーマンだけに、「2020年の東京五輪をリポートしたい。大好きな松岡修造さんのように、熱くブレずに!」とスポーツキャスターの夢にも燃えていた。

岡副麻希(おかぞえ・まき)

 1992(平成4)年7月29日生まれ、23歳。大阪府出身。大阪桐蔭高を経て早大文化構想学部文芸ジャーナリズム論系卒。大学1年のとき「早稲田コレクション」にモデルとして出演。特技は水球、ピアノ。1メートル63。

(紙面から)

  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)
  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)
  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)
  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)
  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)
  • 小麦色に焼けた肌がトレードマークの岡副麻希。海が大好きで「無人島生活もしてみたい」と笑顔=東京・恵比寿(撮影・荒木孝雄)