2015.8.8 05:00

小出恵介がフジドラマ初主演!キスの連続に「エロ酔いしました」(笑)

小出恵介がフジドラマ初主演!キスの連続に「エロ酔いしました」(笑)

フジテレビのドラマに初主演する小出恵介

フジテレビのドラマに初主演する小出恵介【拡大】

 俳優の小出恵介(31)が4夜連続放送の「それでも僕は君が好き」(今秋深夜放送、関東ローカル)で、フジテレビのドラマに初主演することが8日、分かった。

 ドラマの原作は、台湾の人気脚本家、徐誉庭の小説「馬子們!(マーズマン、直訳・彼女たち)」。現在「別冊少年マガジン」で人気連載中の初ドラマ化となる。主人公、芹澤祐輔(小出))の10歳から29歳までの恋愛遍歴を振り返るという物語だ。

 情けないが、憎めない、どこにでもいるような“ダメ男子”を演じる小出は「“ドラマでやっていいのかな?”と感じるくらい、自由に書かれている印象。かなり攻めている作品」と話す。

 下ネタの部分が多く、パンツ一丁のシーンがかなり見られるそうで「“誰か止めてくれるんだろうな”と思ったけど、誰も止めなかった。そして、1日で何人もの女性と“キスシーン”を経験して“エロ酔い”しました」と苦笑いする。

 撮影は日々楽しい様子で「純粋で前のめりな、かわいさがあふれた愛すべき男性とそれを愛してくれる女性のストーリーにご注目いただきたい。“温かい気持ちになれるエロドラマ!?”だと思います」と最後まで楽しいコメントを寄せていた。

 今後発表されるフレッシュなヒロインたちにも注目だ。

 同局編成企画の増本淳さんは「フジとしては久しぶりの深夜24時台の連ドラ。ゴールデンタイムではなかなかできない冒険満載でお届けしたい。見終わった後には“恋愛って痛くて面倒くさいけどやっぱりいいよね”と少しだけ前向きになっていただけるはずです」と話している。

  • 主人公・芹澤祐輔の原画