2015.8.3 05:02

大原麗子さん七回忌、最初の夫・渡瀬恒彦「いろいろありすぎて…」

大原麗子さん七回忌、最初の夫・渡瀬恒彦「いろいろありすぎて…」

元妻の大原麗子さんの七回忌法要に参列した渡瀬恒彦=東京・北烏山

元妻の大原麗子さんの七回忌法要に参列した渡瀬恒彦=東京・北烏山【拡大】

 2009年に死去した女優、大原麗子さん(享年62)の七回忌法要が2日、東京・世田谷区北烏山の妙壽寺で営まれ、最初の夫だった俳優、渡瀬恒彦(71)ら約50人が参列した。

 渡瀬は1973年に大原さんと結婚したが、多忙によるすれ違いなどで78年に離婚。翌79年に一般女性と再婚した。一方の大原さんは80年に歌手、森進一(67)と再婚したが、84年に離婚している。

 関係者によると、渡瀬はこれまで数回墓参しているが、法要に参列するのは初めて。今回は大原さんの実弟(66)から電話連絡を受けて参列を決めたという。

 渡瀬は大原さんの墓前に線香を供えて、静かに合掌。大原さんとの思い出について、サンケイスポーツの取材に「いろいろありすぎて簡単には言えないです…」としみじみ。家庭での大原さんについては「妻としての自分と女優としての自分の間で葛藤していたのでは」と振り返った。

 また、東京都内の病院で急性心筋梗塞の手術を受け、先月11日に退院した兄の俳優、渡哲也(73)については「早く元気になってほしいね」とエールを送った。

(紙面から)

  • 2009年に死去した女優、大原麗子さん(享年62)