2015.7.23 11:38

「E.T.」から人間に戻った加トちゃん ドリフ復活は近い?/芸能ショナイ業務話

「E.T.」から人間に戻った加トちゃん ドリフ復活は近い?/芸能ショナイ業務話

 黄金コンビが復活した。“加トちゃんケンちゃん”でおなじみのザ・ドリフターズの加藤茶(72)、志村けん(65)だ。

 21日に放送されたフジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ夏休みSP」に加藤が出演し、久々のタッグが実現。2人が老人に扮して囲碁で遊ぶコントなど、息の合った掛け合いを見せてくれた。ドリフ世代にとってはたまらない時間だったはすだ。

 コンビ復活は、加藤の体調が回復したからこそかなった。加藤は昨年6月に出演した番組で、ろれつが回らず反応が遅かったことから、重病説が報じられた。今年5月にはその“重病”が手足の震えなどが起こるパーキンソン症候群だったと告白。2006年に大動脈解離の手術を受けて以降、複数の薬を服用しており、その内の一つが体に合わなかったことが原因だったという。

 その後は順調に回復。先日、ニコニコ生放送「覗いてみよう!加藤茶夫妻のお昼ご飯」に妻、綾菜さん(27)と出演した際も、パンチングマシーンを殴ったり、お約束の“加トちゃんぺ”も元気に披露していた。

 出演後の取材では、当時の様子について、「(ネット上で)『加藤が死ぬ』っていわれていて、『あれ? オレ死ぬのかな』と思った」と笑いながら振り返り、「もう大丈夫。月に1回病院に行っていますが、どこも悪いところはありません。回復っていうか全快です」とアピール。綾菜さんも「去年は心配しましたが、急に治って。普段体も動かしているので、ますます元気になっています」と安堵の表情を見せた。

 “リハビリ”になっているのが散歩。お気に入りのコースは東京・駒沢公園で、綾菜さんによると、病気になってから加藤の歩くスピードがいつも以上に遅くなり、そのときはベンチシートが前方に付いている四輪自転車を利用していたという。加藤をシートに乗せて、綾菜さんがペダルをこぐスタイルだが、「テレビで『(加藤を)自転車の前カゴに乗せている』と言ったら、『それはE.T.だ』って言われて」と苦笑い。「今はやっていませんよ。普通に歩いているので」と夫の全快を喜んだ。

 志村とのコンビ復活の次にファンが待っているのが、ドリフの復活だ。加藤は「長さん(故いかりや長介さん)がいないので」とドリフ名義での活動は否定したが、「残りの4人でコントをやってほしいといわれたらやりたい」と意欲的。元気になった加トちゃんの今後の活動にも注目だ。(こっしー)