2015.7.6 13:53

シャンパーニュとブルゴーニュ、仏ワイン産地が世界遺産に!

シャンパーニュとブルゴーニュ、仏ワイン産地が世界遺産に!

世界遺産の登録を報告するブルゴーニュワイン委員会のリリース

世界遺産の登録を報告するブルゴーニュワイン委員会のリリース【拡大】

 フランス食品振興会(SOPEXA)などによると、そのエリアだけで造られるシャンパンの名で知られるシャンパーニュ地方と、独特のテロワール(clima=クライマ、クリマ)がワイン愛好家に人気のブルゴーニュ地方、フランスを代表するワインの2つ産地が5日、独ボンで開かれた2015年の第39回ユネスコ世界遺産委員会で、世界遺産に登録されることが決まった。

 両産地とも2014年は選出を見送られていたが、2回目の申請で念願の遺産入り。フランスのワイン産地ではボルドー地方のサン・テミリオンが世界遺産に登録されている。