2015.6.27 05:02(2/3ページ)

20年東京五輪へ!大野デザインJAL“嵐ジェット”27日から運航

20年東京五輪へ!大野デザインJAL“嵐ジェット”27日から運航

特集:

 日本の象徴である富士山、カラフルな花々やてんとう虫、人間の成長する姿…。色鮮やかなデザインと「Fly to 2020」の文字が施されたボーイング777-300型機が、東京・羽田空港の格納庫に姿を現した。

 「『希望』や『生命』などの言葉を考えてから絵を描いた。丁寧に描かせていただいた。もとは小さい絵だったので、大きくてビックリ!!」。描いた張本人、大野“画伯”も機体を目の当たりにして驚きの声を上げた。

 2010年から嵐がイメージキャラクターを務めるJALが今月、20年東京五輪、パラリンピックの公式サポーターに決定。その応援第1弾として、今年7月に中国・上海で個展を開くなど芸術家の一面も持つ大野に「20年に向けて夢や希望を表現していただきたい」として、機体へのデザインを3月に依頼した。

 大野は「最初に話を聞いたときは大丈夫かな?と…。でもこんな経験は二度とない」と快諾。「細かくカラフルな色を表現したかった」と色鉛筆を用いて、構想期間を含め約1カ月で完成させた。

【続きを読む】