2015.6.16 05:04

蘭華、カンヌ受賞の青山監督とコラボ!メジャーデビュー曲MVで

蘭華、カンヌ受賞の青山監督とコラボ!メジャーデビュー曲MVで

映画界の巨匠、青山真治監督の“強力バックアップ”を受け、メジャーシーンに飛び出す蘭華

映画界の巨匠、青山真治監督の“強力バックアップ”を受け、メジャーシーンに飛び出す蘭華【拡大】

 7月22日発売のシングル「ねがいうた」でメジャーデビューする女性シンガー・ソングライター、蘭華(らんか、年齢非公表)が、同曲のミュージックビデオ(MV)で映画監督の青山真治氏(50)とタッグを組んだことが15日、分かった。

 同曲は、恩師への思いをつづったポップス。蘭華の透明感あふれる歌声にほれ込んだ青山監督がオファーを快諾し、映画「EUREKA」でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した巨匠とのコラボが実現。

 女優、とよた真帆(47)が夫人であることでも知られる青山監督がMVの監修とプロデュースを手掛け、新進気鋭の甫木元空(ほきもと・そら、23)氏が監督を務めた。

 5月下旬に沖縄・石垣島で撮影。大自然の中で伸びやかに歌う映画のワンシーンのような仕上がりで、蘭華は「メロディーの美しさがシンプルに届けられるMVができました」と胸を張った。

 MVは、16日午前6時からYouTubeのエイベックス公式チャンネルで公開される。

蘭華(らんか)

 大分・中津市出身。2000年に歌手を目指して上京。01年、新人オーディションの最終審査に残ったことがきっかけで、02年7月にシングル「~Roots」でインディーズデビュー。癒し系ボイスが持ち味で、家族愛や人生をテーマにした歌が多いことから“泣ける楽曲”として注目を集める。7月22日発売のメジャーデビュー曲は「はじまり色」との両A面シングルで、同曲は映画「海のふた」(豊島圭介監督、7月18日公開)の主題歌。

(紙面から)

  • 青山真治監督