2015.6.13 05:02

塚本高史が10年ぶりに踊る!石井杏奈主演映画で軽快ステップ

塚本高史が10年ぶりに踊る!石井杏奈主演映画で軽快ステップ

劇中でバックダンサーを従え、軽やかなステップを披露する塚本高史

劇中でバックダンサーを従え、軽やかなステップを披露する塚本高史【拡大】

 俳優、塚本高史(32)が9月12日公開の映画「ガールズ・ステップ」(川村泰祐監督)に出演し、映像作品で約10年ぶりにダンスシーンを披露することが12日、分かった。

 EXILEの妹分ユニット、E-girlsの石井杏奈(16)が映画初主演を果たす話題作。地味な女子高生5人組が一念発起してダンス部を結成、高校生ダンス選手権への出場を目指す青春物語だ。塚本は彼女たちに踊りを指導するダンススクール経営者、ケニー長尾を演じる。

 見るからにチャラく、怪しい男だが、ニューヨークで活躍した過去を持つ元トップダンサー。ジャズにヒップホップなどの要素を取り入れた華麗なジャズファンクダンスを披露する。塚本がダンスシーンに挑戦するのは、2005年7月期のテレビ朝日系「菊次郎とさき」でのタップダンス以来、約10年ぶり。

 本格的なダンス経験はないが、サッカーやスノーボードを趣味にするなどスポーツ経験は豊富。撮影の合間に短時間練習しただけで、プロデューサーから「クールでカッコいい」と絶賛されるシーンを完成させた。

 塚本は「昔の自分や夢と向き合い、気持ちが動いていくケニーに注目してほしい。ダンスのシーンも、ぜひ見ていただければうれしいです」と呼びかけている。

(紙面から)

  • 主演の石井杏奈(中央)と共演の左から上原実矩、秋月三佳、小野花梨、小芝風花
  • 映画「ガールズ・ステップ」に出演する塚本高史(c)宇山佳佑/集英社(c)2015「ガールズ・ステップ」製作委員会