2015.5.23 05:00

肺がん摘出の大橋巨泉が退院「ご声援を感謝します」

肺がん摘出の大橋巨泉が退院「ご声援を感謝します」

18日に肺がんの摘出手術を受けた大橋巨泉

18日に肺がんの摘出手術を受けた大橋巨泉【拡大】

 18日に肺がんの摘出手術を受けたタレント、大橋巨泉(81)が22日、東京・国立がん研究センター中央病院を退院した。所属事務所を通じ、本人が直筆の書面で報告した。

 右肺の約3分の1にあたる下葉部分を摘出したとし、「21日に退院しても良いと言われましたが大事を取りました。ご声援を感謝します」と順調な回復ぶりをつづった。23日にTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(土曜前8・30)に電話出演する予定。

 巨泉は2005年に胃がん、13年に中いん頭がんの摘出手術を受け、昨年12月には肺と食道の間のリンパ節に転移していたことを公表していた。

(紙面から)