2015.5.15 17:57

大山のぶ代、3歳サバ読んでいた!夫・砂川啓介が明かす

大山のぶ代、3歳サバ読んでいた!夫・砂川啓介が明かす

身振り手振りを交え報道陣の質問に答える砂川啓介(撮影・大橋純人)

身振り手振りを交え報道陣の質問に答える砂川啓介(撮影・大橋純人)【拡大】

 声優で女優、大山のぶ代(81)が認知症を患っていることを13日に公表した夫の俳優、砂川(さがわ)啓介(78)が15日、東京都内で本紙などの取材に応じ、この日報じられた胃がんについて、「胃の上の部分を切りました」と認めた。

 ラジオの公表から2日がたち、「ホッとしています。隠さないでいいし、聞かれても素直に応えられる。認知症が分かってしまえば、隠すこともない」と柔らかい表情。

 そして、「ここ1週間、(大山の)顔色はいいし、言うことを聞くし、ぼくの1階の部屋を夜、尋ねてきて『おはようございます』って。お前、『おやすみなさいだよ』って。少し戻ってきていると思う」と近況を明かした。

 さらに、記者から「大山さんに『私の方が(砂川より)年上』と聞いたことがある」と言われると、笑い声をあげながら、「今、言っちゃった方がいいかな。今、3つ上なんです。10月がくると4つ違いになる」と大山の年齢を訂正。続けて「結婚するとき、うちの両親に対しての…。1つ違いにしておこうと思ったのでしょうね」と、当時の大山の気持ちを代弁していた。