2015.4.24 05:06(2/4ページ)

萩原流行さん事故死に新展開!護送車に接触、警部補を事情聴取

萩原流行さん事故死に新展開!護送車に接触、警部補を事情聴取

事故現場付近から撤去される萩原さんが乗っていたとみられるバイク

事故現場付近から撤去される萩原さんが乗っていたとみられるバイク【拡大】

 事故の詳細が明らかになる中、萩原さんの死亡に警察車両が絡んでいたことが分かった。

 警視庁交通捜査課の調べと目撃者の情報によると、事故は22日午後6時過ぎに発生。現場は環状7号線と交わる直前の青梅街道片側(新宿方面)3車線で、一番左側の車線を走っていた護送車が、路上駐車をよけるため中央車線に路線変更した。

 このため、中央車線を走っていた萩原さんのハーレー・ダビッドソンがフラつき、護送車と併走した後に転倒。護送車の前輪付近と接触した。その直後、萩原さんは一番右側の追い越し車線に投げ出され、後続の車はとっさに対向車線に出て避けたが、すぐ後に続いた会社役員の男性(59)の乗用車にひかれた。

 護送車を運転していた警部補が現場から119番。萩原さんは意識がない状態で東京・西新宿の東京医大病院に運ばれたが、22日午後7時26分、心房破裂のため死亡した。遺体は杉並署に置かれたまま、24日以降も検視される。護送車は留置中の容疑者の治療のため、高井戸署から病院に向かっていた。

【続きを読む】

  • 事故現場からレッカー移動される萩原流行さんの大型バイク、ハーレー・ダビッドソン(右)と警視庁高井戸署の護送車(左)。事故原因は警察車両だったのか…=22日深夜、東京・杉並区高円寺南
  • 事故現場付近から撤去される萩原さんが乗っていたとみられるバイク
  • 萩原流行さんが交通事故にあったとみられる現場付近。手前が萩原さんが乗っていたとみられるバイク
  • 現場付近で萩原さんが乗っていたとみられるバイクを調べる警察官ら
  • 現場付近を調べる警察官ら。手前が萩原さんが乗っていたとみられるバイク
  • 事故現場付近から萩原さんが乗っていたとみられるバイクが撤去された後も捜査や交通整理を行う警察官ら