2015.4.20 20:57

市原隼人、極道エンターテインメント「こんなクレイジー作品は初めて」

市原隼人、極道エンターテインメント「こんなクレイジー作品は初めて」

主演映画 「極道大戦争」トークショー付き特別試写会に出席した市原隼人(右)と三池崇史監督

主演映画 「極道大戦争」トークショー付き特別試写会に出席した市原隼人(右)と三池崇史監督【拡大】

 俳優、市原隼人(28)が20日、東京・赤坂のビルボード東京で主演映画「極道大戦争」(三池崇史監督、6月20日公開)の特別試写会に出席した。

 ヤクザなバンパイアにかみつかれた人間が次々とヤクザ化してしまう極道エンターテインメント。市原は2008年の「神様のパズル」以来、7年ぶりの三池作品の出演で「こんなクレイジーな作品は初めてです」と紹介し、昨年5月に行われた撮影を「脚本や台本があるけど、何が起こるかわからない現場でした」と振り返れば、三池監督は「カエル(謎の殺し屋、KAERUくん)やかっぱ(同ガータロー)ら謎のキャラクターが出てくるぶっ飛んだ映画です」と自信をうかがわせた。