2015.4.7 18:47

桑島真里乃「笑顔を与えられる女優になりたい」ミュージカル「ホンク!」出演

ミュージカル「ホンク!」に出演中の桑島真里乃

ミュージカル「ホンク!」に出演中の桑島真里乃【拡大】

 若手女優、桑島真里乃(17)が東京・代々木の全労済ホール/スペース・ゼロで上演中のミュージカル「ホンク!」(演出・鈴木孝宏)で存在感のある演技を披露し、高い評価を受けている。

 同ミュージカルは、アンデルセンの「みにくいアヒルの子」をベースにしたファミリーヒューマン物語。桑島はみにくいアヒルの子をいじめるフラフ役だ。

 「フラフの性格は末っ子で甘えん坊で、思ったことをすぐ口にする。普段の私とあまり変わらないので、そこを見て欲しいです」と意気込む。

 子役出身で、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年)では、ヒロインの少女期を好演。これまでドラマや映画、CM、舞台など数多くの作品に出演しているが、「テレビと違ってお客さんの反応が目の前で分かる」と舞台の魅力にハマっている。

 プライベートでは高校3年生。「友だちとお話をしたり、K-POPを聴いたりすることがリラックス法です」とニッコリ。K-POP部の部長を務めており、文化祭に向けて踊りの練習に励んでいるという。

 「最近聴き始めたのはRed Velvetです! 新曲『Ice Cream Cake』の曲調が好きでリピートして聴いてます! K-POPが好きすぎて踊り方がK-POPみたいと言われることが多くなりました!」と笑顔を弾けさせる。

 将来の目標は、「人に笑顔を与えられる女優になること」とキッパリ。もっとも歌やダンスも大好きというだけに、「女優以外のことにもたくさんチャレンジしたいです!」と夢は広がる。「今は少しでも多くの人に桑島真里乃を知ってもらうためにこれからも一生懸命がんばるので、ぜひ応援してください!!!」と意気込んでいる。同ミュージカルは11日まで。