2015.3.28 22:00

長野せりな、アイドリング!!!卒業「20歳で声優と決めていた」

特集:
アイドリング!!!
卒業公演を行ったアイドリング!!!の長野せりな

卒業公演を行ったアイドリング!!!の長野せりな【拡大】

 アイドルグループ、アイドリング!!!の長野せりな(20)が28日、東京・渋谷公会堂で行われたライブをもって、グループから卒業した。

 2008年4月に13歳でグループに2期生として加入してから約7年。自らがデザインしたカラフルな衣装で登場。約2000人を前に「開始5分前になって、ようやく卒業の実感が湧いてきた。思い出に残る最高のライブにしましょう!!」と呼びかけ、新アルバム「ロデオマシーン」の収録曲「ユキウサギ」「サマーライオン」など25曲を涙ながらに歌い踊った。

 アンコールでは「迷ったときも辛いときも、正直辞めたいと思ったときも何度もあった。7年間続けてこられたのはメンバーや皆さんのおかげです」と号泣。「アイドルとしてステージに立つことはなくなりますが、長野せりなは、頑張っていきますので、頭か心の端っこにおいて頂ければ」と呼びかけた。

 今後は声優業を中心に活動するが、「もともとアニメが好きで声優さんになりたかった。20歳になったら(声優になる)と決めていた。目標は田村ゆかりさん。独創的な世界観を持っていて憧れている。私もそうなりたい」と意気込んだ。

 4月27日に約7年ぶりの写真集「TOKYO INCIDENT」を発売する。