2015.3.28 05:04

黒木奈々アナ、胃がんから本格復帰!「国際報道2015」生出演へ

病を乗り越え、ニュース現場に戻ってきた黒木奈々

病を乗り越え、ニュース現場に戻ってきた黒木奈々【拡大】

 胃がんで闘病中のフリーアナウンサー、黒木奈々(32)が30日にNHKBS1「国際報道2015」(月~金曜後10・0)に生出演し、キャスターとして約3カ月ぶりに番組復帰することが27日、分かった。

 所属事務所によると、通院治療中のため、当面は毎週月曜のみ出演。体調をみながら完全復帰を目指す。黒木は「桜の季節に復帰できるのは支えてくださる皆様のおかげです。この幸せをかみしめつつ、できることに一つ一つ取り組みたい」と前向きにコメントした。

 黒木は大阪・毎日放送の報道記者を経て、英語やフランス語が堪能な知性派美人キャスターとして活躍。昨年4月から「国際報道」のキャスターを務めるが、同8月に胃がんと診断され入院。同9月に手術を受けた。

 今年1月4日に1日限定で番組復帰したが、治療を続けていた。

 闘病日記を基に26日に初エッセー「未来のことは未来の私にまかせよう」(文藝春秋)を発売。同書で「もう一度、誰かと恋ができるのだろうか」と切実な思いもつづっており、働く独身女性の共感も呼びそうだ。

(紙面から)