2015.3.24 22:47

松井玲奈、総選挙不出馬を決断 順位より「自分との勝負」と理由説明

特集:
SKE48
総選挙不出馬を決断、ブログで理由をつづった松井玲奈

総選挙不出馬を決断、ブログで理由をつづった松井玲奈【拡大】

 SKE48兼乃木坂46の松井玲奈(23)が24日、自身のブログで6月6日に福岡ヤフオクドームで行われる「AKB48第7回選抜総選挙」(立候補受付期間・今月25~29日)に出馬しない理由を明かした。

 昨年の総選挙で自己最高位となる5位だった松井は、ツイッターで出馬しないことを表明。ブログでは、昨年の順位発表時に「緊張といつ呼ばれるかの不安で潰されそうになっていたのに、その時私は誰よりも笑顔でワクワクしていました」と振り返り、「名前が呼ばれてマイクの前に立った時、『もうこれで最後かも』って自然に感じました」と当時の印象を告白した。

 松井は選挙不出馬を考慮し続けた中で、「私はきちんと皆さんに喜んでもらえるような活躍が“グループの中で”できているのだろうか?」と自問したとし、「正直に言えば胸を張ってできているとは言えないのが事実です」と残念そうに打ち明けた。

 過去に「1位になりたい」と言ったことについて「諦めたわけではない」と否定した上で、この1年間で「広い目で自分を客観的に見ること」、さらに「今の自分は何を求められ、どうするべきか。それがとても大事」との2つを学んだとつづり、「与えられた中で期待に応えられるかどうか、それ以上のことができるか、それが大きく評価につながるんだなとひしひしと感じました。それはステージ上でも同じ。でもそこには順位はありません」と、ランキングに違和感を覚えた様子。

 不出馬決断の理由を「地に足をつけて頑張りたいから、みなさんと自分としっかり向き合っていきたい」とつづり、順位ではなく「自分との勝負」を選んだと説明した松井。「正解かは多分ずっと先に振り返ってわかることなのかなと思います」とすると、ファンへ「皆さんが心のお守り。『おめでとう』と『ありがとう』はいつだってずっとできるから安心していてください」とメッセージを送った。