2015.3.19 21:32

ヒロミ、矢口真里騒動に持論「平等じゃないからかわいそう」

ヒロミ

ヒロミ【拡大】

 タレントのヒロミ(50)が19日放送の日本テレビ系「耳が痛いテレビ」(木後7・0)に出演し、視聴者からの「芸能界のモラルが乱れている。一番許せないのは矢口真里の騒動」という意見に対応し、「平等じゃないからかわいそうに思う」と持論を展開した。

 同番組は視聴者の疑問、不満を芸能人が電話で直接答える内容で、女性視聴者からの「芸能界のモラルが乱れている」という厳しいクレームにヒロミが対応。「一番、許せないのは矢口真里の騒動。一般社会だったら会社クビですよ。近所でも白い目で見られるしね」との痛烈意見に、「そんなに芸能界に甘くない」と反論。しかし、「結婚しているのに間男を自宅に連れてきたんですよね? 頭おかしいですよ」と追撃されると、いったん保留し「俺のとき、何これ?」と困惑したように共演者に相談した。それでも「彼女も今、悩んでると思います。男なら『不倫をしました。見つかっちゃいました』とネタにしてテレビに出られる。でも女性は強烈に言われる。平等じゃないからかわいそうに思う」と持論を展開すると、女性視聴者からは「この過ちを反面教師として、今後、皆さんのモラルにいかして欲しい」と叱咤された。

 このVTRを見た矢口真里は「スタジオ(の出演者)が温かい。だから世間の皆さんが『なんであの娘に甘いんだ』って怒っちゃうのかもしれない」と感想を口にすると、「今後の自分の出方(次第)ですよね。真面目にこれから生きていけば、3分の1か、5分の1かは分からないですけど、少しずつ『まあ頑張ってるね』みたいな感じで見てもらえるようになれたら」と語った。