2015.3.15 17:34

人気上昇中の韓国ガールズグループSONAMOO、日本初イベント大成功!

日本で初単独イベントを行った韓国の人気ガールズグループ、SONAMOO=東京・渋谷

日本で初単独イベントを行った韓国の人気ガールズグループ、SONAMOO=東京・渋谷【拡大】

 韓国の7人組ガールズグループ、SONAMOO(ソナム)が15日、東京・タワーレコード渋谷店で握手会を開催した。

 SONAMOOは、人気ガールズグループ、Secretと同じ事務所に所属する妹分のグループで、昨年12月に「Deja Vu」でデビュー。グループ名は韓国語で「松の木」を意味し、いつも変わらない松のように「一途に生命力のある音楽を披露する」という思いが込められている。デビュー曲ではパワフルな刀群舞(一糸乱れぬダンス)が話題を呼び、これまでのガールズグループとは一線を画す存在として大きな注目を集めた。後続曲「Just Go!」では、ボーカル、ハイディの超ハイトーンボイス(通称アルプス高音)が話題になるなど人気急上昇中のガールズグループだ。

 まだデビュー3カ月足らずの新人グループにもかかわらず、この日は熱心な日本のファンが集まり、会場の熱気はヒートアップ。大きな拍手と歓声に迎えられて登場した7人は、笑顔を見せながら「みなさん、こんにちは、松の木、SONAMOOです」と声をそろえてあいさつ。続いて1人ずつの自己紹介を終えると、集まったファンのために30秒のフォトタイムをプレゼント。メンバーは手を振ったり、愛嬌ポーズを見せるなどの大サービスで、アツい声援に応えた。

 握手会に入る前に、一人ずつ日本語でメッセージを伝えた。まずは、リーダーのスミン(21)が「会いたかったです」とあいさつし、続くミンジェ(20)も「私も会いたかったです」。ディエナ(19)は「たくさん来てくれて本当にありがとうございます」と笑顔を弾けさせた。ナヒョン(19)が「日本のファンの皆さん、会いたいです。アイシテルよ」というと、「俺も愛してるよ~」と応じる男性ファンも。ウィジン(18)は「ファンの皆さん、元気でしたか? きょう一緒に楽しみましょう」と呼びかけ、ハイディ(18)が「いつも会いたかったけど、会えて本当にうれしいです。みなさん、私たちどうですか?」と問いかけると、会場からは一斉に「かわいい~」という声があがった。そして、最後にニューサン(18)が「楽しんでください」と短くコメントして、いよいよこの日のメインイベントへ。メンバーは1人1人としっかりと握手し、韓国語と日本語でコミュニケーションを楽しんだ。中には感激のあまり、涙ぐむ女性ファンの姿もあった。

 無事に全員との握手を終えると、最後のあいさつ。ハイディは「みなさん、私たちの歌を好きになってくださりありがとうございます」とファンに感謝。ミンジェは「ドキドキです。日本のファンの皆さんに近くで会えて、本当にうれしいです。もっとしょっちゅう会いたいです」と話すと、大きな歓声と拍手に包まれた。ディエナは「今は私の日本語の実力が不足していますけど、次に会うときにはもっと勉強してもっと話をしたいです」と再会を約束した。そして、スミンが名残惜しそうに「時間が短くて残念なんですけど、次はもっと多くのみなさんと一緒に会いたいと思います」としめくくり、イベントを終えた。歌のパフォーマンスはなかったが、ファンも大満足の日本初単独イベントとなった。