2015.3.13 05:04(2/3ページ)

愛加あゆ、宝塚退団後初ドラマ!ワタナベエンタと契約し女優転身

女優に転身した愛加あゆ。独身女性しか在籍できない宝塚を卒業したが、「残念ながら結婚予定はありません。仕事が恋人です」=東京・神宮前(撮影・納冨康)

女優に転身した愛加あゆ。独身女性しか在籍できない宝塚を卒業したが、「残念ながら結婚予定はありません。仕事が恋人です」=東京・神宮前(撮影・納冨康)【拡大】

 宝塚の新人時代から愛らしい容姿と高い演技力で注目され、雪組娘役トップを務めた愛加。初舞台から丸10年の今春、次のステージへ羽ばたく。

 サンケイスポーツの取材に応じた愛加は「宝塚では与えられたレールの上を走り続けてきましたが、今後は自分次第。どんな未来があるのか分からないことが不安でもあり、楽しみです」と声を弾ませた。

 宝塚退団後は、母親や同期生と海外旅行へ出かけ、心身ともにリフレッシュした。今年2月に舞台で活動を再開させ、今月から中山秀征(47)やネプチューン、元宝塚花組男役トップの真飛聖(38)らが所属するワタナベエンターテインメントと契約した。同社に決めた理由について「個性豊かな方たちが活躍されていて、自分の新しい可能性を見出せそうだと思いました」と明かした。

 退団後初で、子役時代を含めると12年ぶりとなるドラマは、女流棋士役で登場。ウソを重ねてごまかすことを生業とする双子の主人公(AKB48・高城亜樹=23、遠藤雄弥=27)に、亡き師匠の失敗をかばおうと仕事を依頼する。

【続きを読む】