2015.3.9 05:04

沢村一樹で「切り裂きジャックの告白」初実写化!役作りでひげも

左から瀬戸康史、沢村一樹、ミムラ

左から瀬戸康史、沢村一樹、ミムラ【拡大】

 俳優、沢村一樹(47)が4月18日放送のテレビ朝日系ドラマ「切り裂きジャックの告白~刑事 犬養隼人~」(後9・0)に主演することが8日、分かった。

 土曜ワイド劇場の特別企画で、人気作家、中山七里氏の同名小説の初実写化。19世紀の英国に実在した殺人鬼「切り裂きジャック」を名乗る犯人による、臓器移植が絡んだ連続猟奇殺人事件を描く社会派ミステリーだ。

 5日に終了した同局系主演ドラマ「DOCTORS3~最強の名医~」の最高視聴率が16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同作で演じた天才外科医から一転、今回は孤高の敏腕刑事、犬養役に挑む。完璧にウソを見抜く洞察力を持ち、人との慣れ合いを好まないシリアスな刑事だけに、役作りでワイルドなひげもたくわえた。

 驚がくのどんでん返しの連続となるミステリー大作に、沢村は「いろんなところに謎がちりばめられていて、台本を読んだときに何回も“トラップ”に引っかかったので、皆さんも同じ体験をしていただけるといいな」とハラハラドキドキな展開をアピール。“沢村刑事”のお手並み拝見だ!

(紙面から)