2015.3.4 05:04

Berryz工房“涙の卒業式”!24曲熱唱、無期限活動停止へ

特集:
ハロー!プロジェクト
最高のライブで締めくくったBerryz工房の左から須藤茉麻、熊井友理奈、夏焼雅、清水佐紀、徳永千奈美、菅谷梨沙子、嗣永桃子=東京・日本武道館(撮影・納冨康)

最高のライブで締めくくったBerryz工房の左から須藤茉麻、熊井友理奈、夏焼雅、清水佐紀、徳永千奈美、菅谷梨沙子、嗣永桃子=東京・日本武道館(撮影・納冨康)【拡大】

 女性アイドル7人組、Berryz工房がデビュー記念日の3日、東京・日本武道館でラスト公演を行い、無期限活動停止に突入した。

 “涙の卒業式”となった。アンコールで一人一人が万感の思いであいさつ。キャプテン、清水佐紀(23)が全員小学生だったデビューからの11年間を振り返り、「活動は停止しますが、Berryz工房は永久に不滅です」と叫ぶと、会場は涙と歓声に包まれた。

 公演前からメンバーが泣いてしまったため、20分遅れで開始。7色のサイリウムと1万人の声援で迎えられた7人は、自らの手で構成したステージを展開した。

 喉頭がんで闘病中のプロデューサー、つんく♂(46)、同期の℃-uteをはじめ、現役のハロー!プロジェクトのメンバー、OGらが見守る中、デビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」など24曲を熱唱。最後は、つんく♂がプレゼントした「Love together!」を泣きながら歌った。

 今後、カントリー・ガールズとして活動していく“ももち”こと嗣永桃子(22)は「明日からバラバラの道を進むけど、心は一つです」とスピーチ。ファンの大歓声を胸に、7人は新たな一歩を踏み出していく。

(紙面から)