2015.3.2 05:03

榊原郁恵&池上季実子&宮崎美子の熟女トリプル主演で昼ドラスタート

それそれの事情で心が揺れ動く60歳の主婦たちを演じる左から榊原郁恵、池上季実子、宮崎美子。物語の舞台はおしゃれスポットの神奈川・湘南

それそれの事情で心が揺れ動く60歳の主婦たちを演じる左から榊原郁恵、池上季実子、宮崎美子。物語の舞台はおしゃれスポットの神奈川・湘南【拡大】

 昭和50年代、絶大な人気を誇った女優、榊原郁恵(55)、池上季実子(56)、宮崎美子(56)が30日スタートのフジテレビ系「プラチナエイジ」(月~金曜後1・25)にトリプル主演することが1日、分かった。

 台所のリフォームで出会った建築家にひかれる香織(榊原)、夫が認知症になった智恵子(池上)、ホストクラブで若い男に入れ込む和子(宮崎)の60歳を迎えた主婦3人が、還暦を機に人生の岐路に立ち、葛藤する姿を描く昼ドラは榊原と池上が初出演、宮崎は1993年の「ラスト・フレンド」以来22年ぶりの主演となり、ベテラン女優が同じ作品でそろい踏み。

 実年齢より上の役に初挑戦する榊原は「未知の世界ですが、やりがいを感じています」と気合十分。池上は「家族など、さまざまなテーマ盛りだくさんのお話をコミカルにメリハリをつけて演じたい」。宮崎も「マジメな主婦が突然刺激を求め、思い切った行動をするギャップが面白い」とアピールした。

 制作側は「榊原さんの明るさ、池上さんの華やかさ、宮崎さんのまっすぐさがミックスされ、ワクワクする物語になる」と熟女パワーに期待する。フジ系では、30日に情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)がスタートするのにともない、昼ドラの放送開始時間が5分早まる。

(紙面から)