2015.2.12 07:00

秋吉久美子長男、病院で転落死か 「週刊文春」報じる

秋吉久美子

秋吉久美子【拡大】

 女優、秋吉久美子(60)の長男が1月13日に東京都内の病院敷地内で死去していたことが11日、分かった。35歳だった。12日発売の「週刊文春」が報じている。

 1979年に結婚したフォークグループ、青い三角定規のメンバーだった作曲家、岩久茂氏(65)=89年離婚=との間の第1子。79年の妊娠発表時に秋吉が発した「タマゴで産みたい」との言葉は、“名言”として知られる。同年7月に出産した。

 同誌によると、1月13日未明、男性は東京・港区内の大学病院の非常階段の下で倒れているのを発見された。転落死したとみられる。秋吉は警察署からの連絡で長男の死を知り、同病院で遺体と対面したという。

 秋吉の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「長男が亡くなったことは本人から聞いています。プライバシーに関することはお答えできません」としている。秋吉は岩久氏との離婚後、日系2世の映像クリエーター(34)と2度結婚したが、昨年10月に離婚したばかり。

(紙面から)