2015.1.22 05:05(2/3ページ)

大竹しのぶ“殺人ナース”演じる!実際の保険金殺人事件が題材

「黒い看護婦」に出演する寺島しのぶ

「黒い看護婦」に出演する寺島しのぶ【拡大】

 フジのドラマでかつて強盗殺人逃亡犯の故福田和子服役囚を演じ、悪女役もハマる大竹しのぶ。今回は犯罪史上に残る白衣を着た悪魔をリアリティー豊かに見せる。

 森功氏の同名ノンフィクションの初ドラマ化。福岡・久留米市で1998年と99年に男性が殺害され、その妻2人を含む看護師4人が2002年に逮捕された保険金連続殺人事件が題材だ。4人は同じ看護専門学校で知り合った仲で、主犯格の女・直子(大竹)が残りの3人の弱みを握り洗脳して服従させていく。

 その過程で3人から金を巻き上げたり、寺島しのぶ(42)演じる美奈子とは“特別な関係”を結んだりした後、保険金殺人を計画。うち2人の夫をターゲットとして、医療知識を生かし睡眠薬やウイスキーを使って殺害し総額約2億円の保険金を手にする。

 息もつかせぬ展開と犯罪の裏の異常な心理や動機の謎解きに加え、大竹の迫真のモンスターぶりも見どころとなる。

【続きを読む】