2015.1.11 17:23

大久保佳代子、アフレコでエロ全開「私を食べて!」

豊満な胸の谷間を見せながら公開アフレコを行った大久保佳代子

豊満な胸の谷間を見せながら公開アフレコを行った大久保佳代子【拡大】

 お笑いコンビ、オアシズの大久保佳代子(43)が11日、東京都内のスタジオで米映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(2月6日公開)の公開アフレコを行った。

 実写映画の声優に初挑戦した大久保は、胸がこぼれそうなセクシー衣装で登場。米俳優、ジョニー・デップ(51)演じる主人公を誘惑する大富豪の娘という役どころで、情熱的に体を揺らしながら「私を食べて!」と鼻息を荒くしながら熱演。途中、デップ役の声優、平田広明(51)の股間に向かって「ワオー、アナコンダ」とシャウトするギャグも披露した。

 大久保のエロさをさらに全開させるためディレクターが「ポロリがあっても大丈夫です」とあおる場面もあったが、これには「乳首はさすがにNGなんで」と苦笑い。結局、4テークで終了となった。

 収録後、大久保は「ありがたいと思って臨みましたが、私のエロさはまだまだ。ディレクターからもっといやらしくと言われましたが、私、ふだん声出さない方なんで」と下ネタトークを炸裂(さくれつ)させた。

 一方、同作に主演するデップのひげ姿について聞かれると「男の無精ひげが大好き。私の好む男性はひげ率高いです」と告白。実生活でひげにさわっているかどうかについては「いじったりするときもありますよね」とにっこり。さらに、「2014年は性欲が落ちて合コンも1回もしなかったけど、年明けたら元気になった」とも。一昨年7月に熱愛を報じられた年下の男性との交際が順調であることをうかがわせた。

 同作はデップふんする超ナルシストのちょびヒゲ美術商、チャーリー・モルデカイが、名画に隠された秘密をめぐって世界を飛び回る痛快アクションで、PRのためデップが来日することが決まっている。