2014.12.24 05:00

【水10魂】「ファーストクラス」(秘)話、沢尻エリカ涙で撮了

吉成ちなみを演じきった沢尻エリカ。撮影終了時には涙も見せたという

吉成ちなみを演じきった沢尻エリカ。撮影終了時には涙も見せたという【拡大】

 女性同士のドロドロのバトルと壮絶なマウンティングを、4月期も含めて半年間描いてきた「ファーストクラス」。このドラマに込めたメッセージは“命懸けで仕事をすることの尊さ”と、“ファッションがつないでいく幸せ”でした。

 1枚のデザイン画と1本の糸が紡がれて1着の服となり、その服が人々に多くの笑顔を届けると信じて仕事に向き合う。取材で接したファッション業界の方々の姿は、同じエンターテインメント業界で働く身としてとても励みになりました。作り手の思いを誰かが受け取り、その誰かの人生が少しでも豊かになる可能性がある…。そんなことを思うと、身が引き締まる思いです。

 最終回に吉成ちなみ(沢尻エリカ)の窮地を救うべく、ちなみの“王子様”であるカメラマンの西原樹(中丸雄一)が登場します。彼のせりふに「洋服でも映画でも料理でも、作り手の愛情が感じられるものの方が人々に好まれると思う」とあります。クランクアップで「この作品が大好きです」と涙ながらに話された沢尻さん、「最後に出演できてよかった」と話す中丸さん、ドラマに関わったキャスト・スタッフやご協力いただいた方々は、もの作りに対して大きな愛情を持っていました。

 今夜クリスマスイブに迎える最終回は、そんな愛情がたくさん詰まったストーリーです。もちろん最後の最後までピンチと足の引っ張り合いは健在ですが…。(編成企画・太田大)

(紙面から)