2014.12.10 06:01(2/3ページ)

矢口真里、土下座でバラエティー復帰!「めちゃユル」でドッキリ

久々のバラエティーにノリノリの矢口真里。岡村隆史(左)、加藤浩次とともに土下座も披露

久々のバラエティーにノリノリの矢口真里。岡村隆史(左)、加藤浩次とともに土下座も披露【拡大】

 生出演した「ミヤネ屋」での“謝罪会見”から48日。矢口がついに“ホーム”のバラエティー番組に帰ってきた。

 復帰後初仕事は、ナインティナインの岡村隆史(44)が進行役を務める「めちゃユル」。休業中の今年8月、矢口の声は流れなかったが岡村と会話する様子が放送され、復帰への足がかりとなった番組だ。

 「岡村さんに叱られにやってきました」

 この日夜、東京都内のスタジオで行われた収録に現れた矢口。“芸能界の兄貴”と慕う岡村に怒られてから本格復帰する意向だったが、ドッキリ企画が待っていた。

 収録は「ミヤネ屋」のパロディー「情報ライブ めちゃユル屋」として展開。矢口は「岡村とトークする」と事前に聞いていたが、宮根誠司(51)にふんした岡村から「すごい人がいっぱい来るから」と伝えられビックリ。加藤や大久保佳代子(43)らが次々と司会者となり、矢口を叱咤激励する構成だ。

 司会者側も矢口が相手とは知らされておらず、1人目の加藤は仰天。最初は矢口を擁護していたが、矢口が休業中にTBS系大ヒットドラマ「半沢直樹」を楽しんでいたと明かすと、「この子、土下座する側じゃね?」とプチ切れした。

【続きを読む】