2014.12.3 05:02

文太さん、太宰府天満宮の信徒会に入会し墓地も買っていた

菅原文太さんが信徒会に入信していた太宰府天満宮。購入していた同敷地内の墓所に納骨された=福岡・太宰府市

菅原文太さんが信徒会に入信していた太宰府天満宮。購入していた同敷地内の墓所に納骨された=福岡・太宰府市【拡大】

 11月28日に死去した菅原文太さん(享年81)が、先月30日に家族葬が営まれた福岡・太宰府天満宮の信徒会に生前入会し、納骨堂と墓所の土地を購入していたことが分かった。学問の神様として知られる同姓の菅原道真をまつった神社であることから、関心を持っていたという。

 同天満宮によると、2001年10月に踏み切り事故で長男の俳優、加織さん(享年31)が死去したころに入会し、土地などを購入していたという。「信徒会は宗派が神道の方が入会し、現在は約800軒の規模。入会者は春祭りや秋祭りなどの行事に参加します」と説明する。

 同天満宮敷地内の霊園に加織さんが眠っており、文太さんは定期的に墓参りに訪れていた。周囲には「その時が来たら、息子の眠るところで」と告げていたという。その願い通り先月30日に同天満宮祖霊殿で家族葬を終え、1日に納骨された。

(紙面から)