2014.12.2 05:05(1/2ページ)

日本エレキテル連合・中野、ジンクス指摘に「来年はやらせるネタある」

今年の「新語・流行語」の主となった(左から)山崎賢人、古屋圭司元国家公安委員長、美輪明宏、日本エレキテル連合の2人、青木功、山本昌=東京・丸の内の東京会館(撮影・大橋純人)

今年の「新語・流行語」の主となった(左から)山崎賢人、古屋圭司元国家公安委員長、美輪明宏、日本エレキテル連合の2人、青木功、山本昌=東京・丸の内の東京会館(撮影・大橋純人)【拡大】

 今年話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表された。年間大賞にはお笑いコンビ、日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」と、安倍内閣が7月に行使容認を閣議決定した「集団的自衛権」が選ばれた。トップ10には、映画「アナと雪の女王」の主題歌からの「ありのままで」や、子供に大人気の「妖怪ウォッチ」などが並んだ。

【続きを読む】