2014.12.2 05:05(1/3ページ)

農業、復興、脱原発…晩年も貫いた“文太流”、積極的に社会活動

2009年、山梨・北杜市で農業を始めた菅原文太さん(山梨県提供)

2009年、山梨・北杜市で農業を始めた菅原文太さん(山梨県提供)【拡大】

 無骨だが、男気あふれる“文太兄ぃ”。日本男児があこがれた文太さんが先月28日にこの世を去っていた。「仁義なき戦い」「トラック野郎」などシリーズ化した主演映画で型破りなアンチヒーローを骨太に演じてきた名優は、私生活でも頑固に不器用に信念を貫く男だった。晩年は農業に取り組み、昨今の政治を「『仁義なき-』より程度が悪い」などと“文太節”で斬ることもあった。

【続きを読む】