2014.11.29 05:05(5/5ページ)

【ヒューマン】水前寺清子、汗かきべそかき半世紀

デビュー50周年公演の打ち合わせの合間に撮影に応じた水前寺清子。編み物など手芸全般が趣味といい、「大ざっぱな性格に見えるかもしれないけど、意外と細かい作業が好き」=東京・渋谷区

デビュー50周年公演の打ち合わせの合間に撮影に応じた水前寺清子。編み物など手芸全般が趣味といい、「大ざっぱな性格に見えるかもしれないけど、意外と細かい作業が好き」=東京・渋谷区【拡大】

 「50年の次から、また新しい“マーチ”が始まる。ステージ上では先輩後輩もなく、みんながライバル。来年はラテン音楽にでも挑戦しようかしら」。人生の応援歌を歌い続けるチータの歩みは、さらに続く。

★紅白初司会は坂本九さんと

 紅白の思い出としては紅組司会に初挑戦した1968年の第19回をあげ、「選手宣誓で『昭和43年』を『昭和33年』と言い間違えちゃった。緊張で精神安定剤を飲み過ぎたら頭がボーッとして…。間違えた瞬間、白組司会の坂本九ちゃんが笑っていました」。

 最近好きなアーティストは、サザンオールスターズと井上陽水(66)という。桑田佳祐(58)について「メロディーラインが素晴らしく、歌謡曲の香りがする」。デビュー50周年公演を主催するBSフジでは、来春から50周年の関連イベントなどを開催予定という。

水前寺 清子(すいぜんじ・きよこ)

 本名・林田民子(はやしだ・たみこ)。1945(昭和20)年10月9日生まれ、熊本市出身。69歳。64年に「涙を抱いた渡り鳥」でデビュー。68年に「三百六十五歩のマーチ」が大ヒットした。女優として70年にTBS系人気ドラマシリーズ「ありがとう」に主演。89年に所属事務所社長、小松明氏(63)と結婚した。チータの由来は星野哲郎さんが小柄だった水前寺を「“ちい”さな“た”みちゃん」と呼んだことから。1メートル58。

(紙面から)