2014.11.17 20:12

東ちづる、2年がかりでPV完成「目指すは紅白歌合戦です」

「Get in toucu!」のプロモーションビデオ完成を報告した東ちづる。左はYANO BROTHERSの矢野マイケル、右は同、矢野サンシロー

「Get in toucu!」のプロモーションビデオ完成を報告した東ちづる。左はYANO BROTHERSの矢野マイケル、右は同、矢野サンシロー【拡大】

 女優、東ちづる(54)が17日、東京都内のカフェで多様な社会の実現を目指すメッセージソング「Get in touch!」のプロモーションビデオ完成発表会見を行った。

 同曲は病気や障害、国籍、性別などの違いを乗り越える「MAZEKOZE(マゼコゼ)」の社会を目指して2012年に作られた。同曲の名前の由来ともなった一般社団法人「Get in touch」の理事長を務める東は、PVを制作するにあたり日本とガーナにルーツを持つ3兄弟ユニット、YANO BROTHERSにも出演をオファー。2年がかりでPVを完成させた。

 東は「ボランティアで集まったプロのアイデアとスキルを結集して作り上げました。『恋するフォーチュンクッキー』のように広まればいいな。目指すは『紅白歌合戦』です」と大きな目標をかかげた。

 東と意気投合したYANO BROTHERSの長男、矢野マイケル(35)と三男、矢野サンシロー(31)は「(歌詞が胸に)しみこんできた」とノリノリで、招待客らの前で東とともに同曲を熱唱した。

 同PVは同日午後9時にユーチューブで公開。元マラソンランナーの有森裕子さん(47)や芸術家のオノ・ヨーコさん(81)、タレントのはるな愛(42)、音楽家のミッキー吉野(62)ら多数が参加している。

 これまで東は、NHK「おかあさんといっしょ」の5代目うたのおにいさんとして知られるかしわ哲(64)がリーダーを務めるバリアフリーロックバンド、サルサガムテープと組んで同曲をライブなどで披露してきた。同バンドのドラマーは元ザ・ブルーハーツの梶原徹也(51)。