2014.11.4 05:04(2/3ページ)

櫻井翔、シェフ役で料理外交「お腹を空かせてごらんください」

特集:
櫻井演じる主人公・大沢公の原作漫画

櫻井演じる主人公・大沢公の原作漫画【拡大】

 2015年新春、世界を動かす“櫻井シェフ”がお目見えする。

 「大使閣下の料理人」は、累計発行部数190万部を誇る西村ミツル氏の同名人気漫画が原作。実際の外交や政治ネタをモデルに公邸料理人の活躍が描かれ、櫻井主演で初めてドラマ化される。

 「謎解きはディナーのあとで」(フジ、2011年)の毒舌執事役や「家族ゲーム」(同、13年)の家庭教師役などさまざまな職業を好演してきた櫻井だが、料理人役は初挑戦。一流ホテルの副料理長からベトナム日本大使館の公邸料理人に転身する大沢公を演じる。彼が思いを込めて作った一皿一皿が外交に影響を及ぼし、多種多様な料理も見どころとなる。

 プロの料理人から料理の手ほどきを受け、撮影に臨む櫻井は「さまざまな思惑が入り乱れる外交の世界を、料理というアプローチでアシストしていく姿に、原作をひたすら読み進めてしまいました」と感銘を受けた様子。

【続きを読む】